今週の集会案内


4月の御言葉

子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ。
だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに
見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか。

                    ルカによる福音書15章31,32節



すべての人を祝宴に招く
 ある人に二人の息子がありました。弟の要求に応じて、父親は遺産を二人に生前分与してやりました。それを手にした弟は家を飛び出し、遠い国へ旅立ち、放蕩の限りを尽くして全財産を使い果たしてしまいました。ひどい飢饉が起こって、食べる物に窮し、頼った人には禁忌である豚の世話をさせられますが、豚のエサすら口にすることが出来ませんでした。彼は我に返って、父のところに帰って罪を告白し、雇人として養ってもらおうとします。息子と呼ばれる資格もないのだから、と。
 ところが、父親は遠く離れたところで早くも息子を見つけ、憐れに思って駆け寄って抱きしめ、接吻しました。上等の服、指輪、履物を着させ、肥えた子牛を屠って祝宴を始めました。畑から帰った兄は、その知らせを聞いて立腹し、家に入ろうともしません。すると、父親は、外に出てきて、なだめるのです。兄は、何年もまじめに父に仕え、言いつけも守ってきたのに、友達との宴会に子山羊一匹すらもらえなかった、それなのに、身上を食いつぶした弟には、肥えた子牛を屠ってもてなすのか、と怒りをぶつけます。それに対する父親の言葉が、冒頭の御言葉です。有名な『放蕩息子』のたとえです。

 私たちは、神さまのもとで生きる素晴らしさがわかりません。自分の人生は自分のものだ。誰にも束縛されず、好き勝手に生きていきたい。財産さえあれば、それでいい。そんな風に思います。しかし、その行き着くところは滅びです。何もかも失っても、この弟のように、父なる神さまのもとに帰ろうと思うことが出来れば、幸いです。
  神さまは、息子の帰還を今か、今かと待っていてくださいます。『憐れに思う』とは、神さまにしか使われない、「腸のちぎれるような思いに駆られる」という言葉です。それほどまでに思って駆け寄って抱きしめ、御国の祝宴に与らせてくださるのです。
 ところが、兄の方は、弟に嫉妬し、弟とも認めず、祝宴に出ようともしません。放蕩の限りを尽くした弟を、父が愛情たっぷりに受け入れ、もてなすことに腹を立てます。弟のことを、『あなたのあの息子』と皮肉な呼び方をし、批判します。自分はずっと父に『仕えている』と言うとき、『奴隷として仕える』という言葉を使っています。実は兄も、父のもとで生きることを喜んでいないのです。その素晴らしさが解っていないのです。嫌だけれども、我慢して従っているのだ、それなのに、そんな自分には何の報いもなく、放蕩息子の方に愛を注ぐのか、と言うのです。
 
 イエスさまは、ファリサイ派や律法学者たちに向かって、このたとえを話されました。彼らは、イエスさまが、御許に来て話を聞こうとする徴税人や罪人を受け入れ、食事も共にされたことが不満だったのです。ファリサイ派や律法学者たちが兄、徴税人や罪人が弟です。父なる神さまは、弟だけでなく、兄のことも慈しんでおられます。僻んで家に入らない兄のもとへ行き、なだめる。『なだめる』というのは、そばに呼び寄せるというのが原義です。そこから慰め、励まし、諭すという意味に広がります。この言葉の名詞が助け手、慰め主という言葉で、神さま、御子イエスさま、ご聖霊のことを言い表します。

 神さまは、すべての人が御許に帰り、救われ、御国の祝宴に共に与ることを望んでおられるのです。放蕩している者も、自分を正しいと思っている者も、実は自分勝手な歩み、自己中心的な歩みをしているという意味では同じです。しかし、神さまは、どちらであっても祝宴に招いておられるのです。 
 神さまは、ご自分から離れて放蕩している私たちを、また、自分を正しいと思って人を見下す私たちを、自分勝手な滅びの道から、何とか御そばに引き寄せ、生きるようにと望まれました。大切な御子イエスさまを身代わりにするほどまでに、私たちを愛してくださいました。イエスさまを十字架に架けて殺し、そして復活させることによって、私たちが罪から救われ、御許に帰って生きる道を開かれたのです。
 イースター、復活祭は、御国の祝宴です。イエスさまが復活されたことを感謝し、お祝いすることは、私たちが罪と死から救われ、イエスさまの命に与る喜びです。実は、神さまご自身が、私たち放蕩息子の帰還を心から喜び、お祝いしてくださる、その祝宴に与ることなのです。この喜びを、多くの方と共に味わいたいと願っています。
                              (補教師:北山 琢)

次週の礼拝案内


キャンプ二日目♬

なにやら集まってる男子たち・・・w



朝の集い行くよ〜っっ(*^_^*)

二日目の朝はパラパラと小雨が・・・

『神様、お天気をお守りください!』

雨男らしい兄弟が一緒でも、朝ごはんが終わる頃には

小雨はしっかりと上がりまして感謝♡

さぁ 森へお散歩〜♬

やぎたちに「行ってきます!」していざ!


ハンモックで遊んで 

登って登って登って 下って下って下って・・・

到着したのは 小さな滝からきれいな小川になってるところ



思い思いの遊びを見つけて



遊びました♬ 

笹舟なんて 何年ぶり・・・(何十年ぶりwww)



楽しかったね〜o(^▽^)o

(「え? 来た道帰るの? (;▽;) 」⇒ 大人のつぶやき・・・ 笑)

さぁ!石窯に焼べる薪になる木を拾って帰ろう〜!

お昼はピザだ(*゚∀゚*)

・・・と言っても ここじゃ 自分のピザは自分で焼くんだぜ〜♬

まずは説明聞いて 班分けして



粉から こねて



ちょっとづつお水入れながら こねて



みんなで順番に こねて ちょっとねかしてから

班ごとに生地を分けて のばして・・・


さぁ 好きな具材をトッピングしたら 石窯へ行こう!



順番に焼いてくれます♡



一目で誰のか分かるように トレーには名前

美味しそう♬

トレーは熱いので 大人の人がカットしてくれます



無言でパクパク



美味しいに決まってるよね〜♬


お腹も一杯になって、お昼からは分科会

今回は 演劇・賛美・聖書 の 3つに分かれて。

まずは演劇 



何やら説明を聞いて

その後



それぞれのセリフを読み合わせてでもいるのでしょうか?

田畑先生の熱血指導ぶりが伝わってくるようです。

そしてこの人↓ ペテロさん役です



セリフ 多くて大変そう・・・

最後に みんなの前で練習の成果を



発表してくれました。



ペテロの熱演にうるうるする人も・・・(少なくとも かおり先生と斎藤さん ブログ委員会調べ 笑)



次に 賛美

担当はかおり先生♡

発声練習(変顔のオンパレード 笑)のあと お互いの音域など確認し合って



パート練習もして



全員で ハモったりして



みんなの前で 手拍子、ステップなどでモリモリ歌いました〜♬ 

大きな声で賛美するって気持ちいい〜〜〜〜〜〜〜 (*゚∀゚*)


そして 聖書

江利口先生と学先生が担当してくださいました。

あ。夏の教会学校のキャンプにきてくれてたMちゃん♬



ずらり!



相談もしつつ



『はい!!!』って大きな声で→私の推測ですが w



挙手しつつ(*^_^*)


分科会 それぞれに恵み満ちあふれたひとときになりました。

感謝♡


お風呂と晩御飯が終わってから

田端先生による 二回目の『しくじり先生』のお話

今回は ダビデ

ずっとずっと神様に従順だったダビデ
神様の祝福のうちに王様になったダビデ
王様になって 自分がすごいと勘違いしてしまったダビデ
神様より 自分の思いを優先してしまったダビデ


お話後のグループディスカッションでは

 

みんなでいろんな思いを出し合いました。



『しんどい時や辛い時じゃなく、
幸せな時にも神様を忘れてしまうことがあるんだなと思った』

って 誰かが言ったけど、私も同じことを思いました。


夜は ちょっと時期的に早いけど 

みんなで花火もしましたよ〜。




こうして夜は更けていきました

盛沢山の二日目 みんなよく眠れたかも  笑








キャンプ in 南山城村 (*゚∀゚*)

今年は 京都府 南山城村 自然の家へ

玄関で出迎えてくれたのは




たくさんのウルトラマンたち〜♬



そしてそして

大人気のブランコ (๑≧౪≦)♥



開会礼拝後

まだまだ緊張気味のみんなを



ほぐすべく アイスブレイクタイム!



いくつかゲームをするうちに 少し慣れてきたかな?




よし!じゃぁ ハンバーガー作ろう!



みんなで力を合わせて 火をおこしてるところの一枚 (*´▽`*)

そして 大人の人やお兄ちゃんたちが火をおこしてくれてる間に



子ヤギと 戯れるちびっこたち



施設で飼ってるみたいで、お母さんヤギもちょっとこわい大きめのお父さんヤギもいました〜

みんな大喜び ♬

さぁ 出来たよ〜(๑≧౪≦)



もうね 間違いなく美味しかったー♡



食べるの必死 (笑) 

デザートには・・・



焼きマシュマロ (o´艸`) とろけましたわン ♡


美味しいご飯、お風呂のあとは・・・

田畑先生が 一回目の『聖書のしくじり先生』のお話をしてくださいました。


アダムとエバ

与えられているたくさんの自由じゃなく 
たったひとつの不自由に心がとらわれてしまった

素直にごめんなさいを言えなかった

エバは蛇のせいにし 
アダムは「あなたが与えてくれたあの女がそそのかした」と言って
エバのせいにした(神様のせいにした)

とても分かりやすくお話してくださいました。










TOPへ


  • 教会のご案内

    桔梗が丘ルーテル教会

    (近畿福音ルーテル桔梗が丘教会)
    牧師 : 屼ノ下 照光
       〈はげのした てるみつ〉

    神の栄光をたたえて生きる

    桔梗が丘ルーテル教会
  • 記事のページ内表示件数

    記事のテーマ別

    記事の月別アーカイブ

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    links

    Booklog

    Weekly Schedule

    関連情報

    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名張情報へにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
    Google


    mobile<携帯サイトQRコード>

    qrcode